前へ
次へ

二世帯で選ぶネット通販のベッド

例えば、家具のカタログを親や祖父母が見て、子どもがネットの検索窓に商品番号を入力する、そうした二世帯が協力しながらベッドを購入するケースもあります。
詳しい情報の確認もでき、注文もサクサクできるネット通販は便利です。
通販では、お客様組立品というマークを見かけますが、購入したベッドを自分たちで組み立てるタイプになるので、注文前には必ず確認しましょう。
ネットでは取り扱われていないパターン、ネット限定というパターンもあります。
価格もピンキリ、それこそ1万円程度からフレームだけで10万円以上するものまであります。
寝心地だって違いがあり、親や祖父母向けはタタミ仕様、子供たちはマットレス仕様です。
これまで使い慣れていた布団をそのまま利用できるのはタタミ仕様、洋風より和風、布団派になる親世代からウケが良いようです。
また、立ち上がりやすいデザインなのかも親世代には重要ですし、お掃除ロボットが入るベッドの床下(ハイ脚)で選ぶという意外な選び方もできます。

Page Top